2021年12月11日 角松敏生 中野サンプラザ公演に行ってきた

スポンサーリンク
角松敏生
この記事は約8分で読めます。
Pocket

タク
タク

こんにちは!

アクティブなシニアライフを一緒に楽しむ情報提供をしているタクです。

2021年12月11日、角松敏生さんの年末恒例中野サンプラザのライブに行ってきましたので、初の試みとして、ツイッター情報などを集めて、レポートします。

今後出てくる情報により、追記していきます。

全公演終わったら、ネタバレもなくなるので、曲名や感想も追加していきます!

角松敏生40周年記念公演中野バージョン

今年は角松敏生さんのデビュー40周年の記念の年です。

6月には横浜アリーナで、「40周年記念ライブ」が行われました。

そして恒例の秋のツアーは、「REVERBERATION OF THE 40TH ANNIVERSARY & RINNG IN THE NEW SEASON」と銘打たれ14箇所15公演が行われています。

東京は、10日・11日の中野サンプラザです。

年末の中野サンプラザ2Daysもすっかり定番になりましたが、今年は40周年の「影響」があると言う題名なので期待が膨らみます。

そして、その期待を超えたものを届けてくれるのが我らが角松君です。

オープニングはちょと意外な曲でしたが、2003年発表の曲が今の世相にマッチし、角松さんのメッセージが伝わってきます。

「もっと高めようぜ!」

2曲目の始まりで「これ来ちゃうの?」と、イントロ3フレーズ目で思わずフォーンセクションを指差すと、音を出してくれました。

3曲目はギターカッティングから入ってきて「で、次はこの曲かよ?」、コーラスの「uuu〜〜〜Wa〜!」が無くなったアレンジがちょっと残念です。

4曲目・5曲目は、僕の先回り想定がぴったり当たりました。

5曲目は、昔のようにエンディングでボコーダ入れて欲しかったなぁ。

デビューアルバムから1曲づつ演奏されていくのですが、フリークの方達にはこの書き方だけでもネタバレしちゃうかな?

このアルバムのリリース順に1曲づつやるメドレー、40周年記念ライブでもやってくれたのですが、25周年記念ライブの時のメドレーナンバーが多く焼き直し感が強かっただけに、「この構成でメドレーやって欲しかったなぁ」と言う思いが通じたセットリストでした。

『DANCING TOUR」と銘打って回っていた頃を彷彿させる流れに、35年くらい前に引き戻されます。

その状態から3時間15分、モアアンコールまで一気に引き込まれてしまいました。

メンバーのTweetから振り返る

では、メンバーのTweetから振り返ってみましょう。

会場ではもちろん撮影はできないけれど、皆さんから発信していただけるので、情報は集まります。

便利な時代になりました。

ドラムス、山本真央樹さん

お父さんは我々世代のロックギタリスト、BOWOWの山本恭司さんです。

今は29歳の山本真央樹さんが角松バンドに参加したのは7年前、ドラムスに若者を置くと言うのが、角松さんが61歳で3時間を超えるライブをできるポイントですね。

今年はデビューアルバムをリリース、素敵なフュージョンを聴かせてくれますが、2曲目にベース山内薫・ギター鈴木英俊・キーボード森俊之の角松バンドでプレイした曲が収録されています。

ライブによっては、休憩的にバックバンドの演奏を入れたりもするので、もしかしたら生で聴けるかなと期待しましたが、休憩は長めのメンバー紹介MCでした。

サックス、本田雅人さん

T-SQUAREのサックスとして注目され、今や第一人者のサックスプレーヤーです。

どうやらGoProをゲットした本田さん、公演中も後ろからの動画を撮影されていました。

この画像も面白いですが、これからの投稿にも期待が持てます。

でも本業はこっち、カッコ良すぎます!

サックス、高尾あゆさん

中野公演は他の会場よりメンバーが強化されます。

ホーンセクションも3人増強されてました。

そのお一人、高尾あゆさんは横浜アリーナにも参加されていました。

「ロニー・キューバー並みに太いの吹いてくれ」と声をかけたと角松さんが紹介してました。

バリトンサックス奏者のロニー・キューバーさん、角松さんのアルバムにも一時期良く参加されてましたが、久しぶりに名前を聞きました。

と言うことは、あの曲をどこかでやるのねと推測してしまうw

このtweetの集合写真を見て向かって右から二番目の女性に気づかれた方もいると思います。

そうです「千秋」さんがゲスト参加してくれました。

横浜アリーナには参加されなかったので、どうしたのかなと思っていましたが、現在、目の病と闘っているそうです。

二人のデュエットで、映画の主題歌を歌ってくれましたが、あの歌声は健在です。

早く目が良くなりますように。

コーラスの 亜季緒さん・ 上森麻琴さん

このお二人も横浜アリーナ参加組です。

今回のツアーレギュラーの小此木麻里さんと吉川恭子さんに合わせて4人のコーラスは、昨年に引き続き素敵なハーモニーを迫力をもって聴かせてくれます。

残念だったエア紙飛行機

角松さんの「SKY HIGHT」という曲は、その昔、髭剃りのシックのCMソングでした。

ハングライダーが飛んでいる映像が使われていましたが、これをなぞったのか、紙飛行機を飛ばすと言うのが神戸のライブハウス「チキンジョージ」から始まったと聞いています。

当時、山下達郎さんの「Let’s Dance Baby」と言う曲の「♪心臓に指鉄砲」のところで、オーディエンスがクラッカーを鳴らすと言う応援がありました。

確か達郎さんのも、関西発だったと思います。

関西の角松ファンが達郎さんのクラッカーに習って、角松さんへの応援として始めたものと記憶しています。

当時の関西は、達郎さんの曲を普通にディスコでDJが流していて、それがきっかけとなり関西のヒットチャートにのってしまうなど、独自の音楽シーンがありましたが、これもその一つかもしれません。

とは言っても、1984年頃の話です。

今ならSNSなどであっという間に広がるでしょうけど、これが全国に伝わっていったのは、考えてみたらすごいことです。

僕は、1985年の日比谷野音でのライブの時、入り口でファンの有志の方から「紙飛行機で応援しよう」と言う手書きのパンフレットと用紙を20枚くらい頂きました。

記憶が正しければ、その時初めて飛行機を折り、飛ばしました。

ちなみに、この日比谷野音、コーラスにそれまでメンバーとして見たことのない、ドレッドヘアを右に左に振りながら歌うシンガーがいて、「まさか?美奈子さんの訳ないよな?」と思ったら、吉田美奈子さんご本人でした。

「I NEED YOU」のラストに二人の掛け合いがあって、素晴らしかった記憶が残っています。

紙飛行機に話を戻します。

一時期、予定調和を嫌う角松さんは、ファンはバッグいっぱいに紙飛行機を折って会場に来ているのに「SKY HIGHT」を唄わなかったり、客席の人を舞台に上げて唄わせるなんてこともしてました。

まぁ、そう言うところも好きだったんですけど、いつからか予定調和もファンサービスとさすがに丸くなったのかな?

しかし、この感染病で、38年続く伝統行事も自粛の対象の一つとなりました。

このツアーは会場のご厚意で、紙は主催者が渡したもので飛行は一回のみ、つまり拾って投げないと言うルールのもと、いくつかの公演で紙飛行機が復活しました。

しかし、中野公演は禁止のままでした。

と言うわけで、皆さん、いい歳してエア飛行機飛ばしで我慢したのでした。

いつもドラムを叩いてる時にメンバーから飛行機を投げられ、それをバチで弾く山本真央樹さんもエアでしたw

しかし、そこはさすがの角松君、モアアンコールのラストの曲では、コンサート会場で録音したオーディエンスのコーラスが入る曲を、「そのコーラスを流しますからね」と言って歌います。

皆さん、マスク越しですけど、久しぶりに角松さんと一緒に歌ったのではないかと想像してます。

「スカがあればオマケもある」、それが角松敏生です。

お客さんが「SKY HIGHT」を歌ったライブの時は、モアモアアンコールがあって、残ったファンに向けて弾き語りで2曲唄ってくれました。

この夜の中野サンプラザはSold Outで、2000人位集まったでしょうか?

客席の僕ですら久しぶりに会場の人熱を感じましたから、ステージの皆さんにも伝わったものと思います。

角松さんは「こうなるとディスタンスも良かったと感じるのでは?」と言ってましたが、ライブの感触が僕の中にしっかり戻ってきた中野サンプラザでした。

あと3公演

現時点で残りは3公演、広島公演はかなり座席も残っているそうで飛行機も飛ばせるそうです。

近辺の方はまだ間に合いますので、ぜひ参加してみてください。

詳細は角松敏生さんのオフィシャルサイトでご確認ください。

そして、この記事も12月29日以降に、ネタバレでリニューアルしたいと思います。

タク
タク

角松さんの横浜アリーナ40周年記念ライブのBlu-rayが発売されています。

本人が映像編集していると言うところが、角松さんらしいマニアックさです。

角松ワールドをぜひお楽しみください!



コメント

タイトルとURLをコピーしました