G散歩3 桜回廊散歩おすすめ2コース




Pocket

東京の桜はいよいよ各地で満開になって、お花見のニュースも多く伝えられています。桜を見ながらの宴会ももちろん楽しいですが、この年齢になると、桜をじっくりと楽しみたくなります。ここ数年の花見は、一か所に留まってと言うよりも、歩きながら見ることが多くなっています。そんな中でお勧めの桜G散歩コースをご紹介します。

お花見ではなく桜並木を楽しむG散歩

東京の桜の名所といえば、上野公園や千鳥ヶ淵、そして目黒川ですね。
上野公園は花見の宴会でいっぱいでゆっくり桜を見る感じではありませんし、目黒川もお店が並んでいる上に狭い道に人が多くいるって感じです。
千鳥ヶ淵の桜はロケーションもあって最高ですね。ただ、遊歩道はありますが、そこは人が多いですし、散歩をして見るというほどの長さでもないと思います。

都内の桜回廊「石神井川」

人が少なくて(今年はわかりませんが)ゆっくり歩ける桜の名所、僕のお勧めは石神井川です。石神井川そのものは、小平市から北区堀船での隅田川合流までの約25キロを流れる川です。そのどの辺りに桜が咲いているかを把握しているわけではありませんが、調べてみると東武東上線の中板橋駅から京浜東北・南北線・東京さくらトラムの王子駅までは続いているようです。
僕が歩いたのは、王子駅からでした。駅を降り、東京で唯一路面電車が道路で車と一緒に走る飛鳥山を飛鳥山公園の桜を横目に登り右に折れ、音無親水公園に降ります。この公園は江戸情緒を感じられます。
ここから、石神井川の川岸の遊歩道を上流に向けて歩きます。

川幅は10メートルくらいでしょうか?両岸の桜が川面に向けて枝を伸ばし、花を咲かせる景色は、桜の滝が川に流れ込むような感じです。
両河岸にある道は細いですが、人で混んでいるという感じでないので、ゆっくりと歩けます。途中にあるいくつかの公園では、花見をされている方もいますので、花見の雰囲気も感じることができます。また、満開を過ぎると川面を流れる花筏も楽しめたりもします。

約2.5キロくらい歩くと加賀と言う辺りに着きます。下流から加賀公園・加賀第二公園・加賀二丁目公園が隣接しています。加賀第二公園を過ぎたところで上流に向けて右側にセブンイレブンがありますので、そこでお弁当を買って加賀二丁目公園で食べるのも良いですし、もう少し歩いて、帝京大学の学食に寄るのも楽しいかもしれません。そこから加賀公園まで戻って、下流に向けて右に行くと都営地下鉄の新板橋や、埼京線の板橋駅に出れます。また、もう2.5キロ進んで東武東上線中板橋まで進むコースもあります。

僕は加賀から先は知らないのですが、中板橋まで桜の道は続いているようです。逆に板橋側から川下りして王子まで行き、飛鳥山の桜で締める手もありますね。
どちらにしても、ゆっくりと桜を楽しめる散歩になります。

石神井川の桜の紹介ページ

日本一の桜回廊「さいたま見沼田んぼ」は一週遅れで楽しめる

もう一つのお勧めは僕の地元です。埼玉県さいたま市の見沼田んぼの桜回廊です。あまり知られてはいませんが、この見沼田んぼの桜回廊は総延長20キロを超える「散策できる日本一の桜回廊」なのだそうです。
この見沼田んぼは都心から25キロしか離れていないところですが、関東の空っ風の通り道で、赤城山からの冷たい風が吹き抜けるので気温も少し低くなります。同じさいたま市でも、浦和辺りでは東京と同じ桜の開花具合でも、この辺りはまだ咲き始めだったりします。僕も20キロ全てを把握しているわけではありませんが、少なくともこれから紹介する辺りは、気温の関係か、東京の一週間後に満開を迎える感じです。(あくまでも個人的所感です。)
つまり、今週末お花見に行けない方は、来週末でも間に合うかも?と言うエリアです。

見沼田んぼ20キロの桜の回廊を誇りながらも、弱点は電車のアクセスが良くないところです。北は東武の大宮公園駅と大和田駅、西は京浜東北線のさいたま新都心駅、南は武蔵野線の東浦和、東は埼玉高速鉄道の浦和美園駅となります。今回は、東浦和から浦和美園のルートです。

東浦和駅から回廊までは約500mと駅から一番アクセスが良いです。大間木公園でトイレを済ませて見沼代用水東縁に沿って歩きます。見沼通船堀、見沼自然の家、フルーツパーク・見沼ヘルシーランド・国昌寺・総持院・鷲神社など、用水路を歩く中に色々発見もあります。(各施設等の詳細はお調べください。)
そして、ご紹介する終着地は見沼自然公園とさぎ山記念公園です。東浦和駅からは約8キロですから、全体の5分の2を歩いたことになります。

僕が通常散歩するのは、総持院からさぎ山公園ですが、田んぼですから基本的には平らな道のりです。途中にお店などはありませんから、お弁当を持参するか東浦和で調達してさぎ山公園で食べるのも一手です。

さぎ山公園から浦和美園駅までは、バスも利用できます。また、さいたま越谷線に出て、約4.5キロを歩いて行く手もあります。浦和学院高校入口を左折して行くと、坂を下り陸橋で東北自動車道を渡り、右手には埼玉スタジアムが見えてきます。埼スタを右手に見ながら歩くと、スタジアムに入る信号があり、その奥に埼スタの桜がスタジアムを飾っています。これは一見の価値ありです。

元の道に戻り、BIGMOTORやヤマダ電機を過ぎると浦和美園駅の交差点があり、右に曲がると駅まで桜並木が続きます。

全部歩くと約12.5キロと、散歩としてはかなりの距離になりますが、ハイキング気分で楽しめると思います。

見沼田んぼ桜の回廊の紹介ページ
見沼田んぼの紹介ページ

G散歩ですから、宴会系の花見ではなく、あくまでも散歩の観点での花見を紹介しました。今週末・来週末の参考になれば幸いです。
また、オススメの桜散歩コースがありましたら、ぜひ教えてください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください