レトロ新しいネームテープライター「DYMO」 愛用品紹介部

スポンサーリンク
LIFE
この記事は約2分で読めます。
Pocket


子供がまだ小さい頃に、ラベルプリンターで名前を貼られてた方も多いと思います。
でも子供の成長と共に使わなくなり、壊れてしまったりしたままだったりしませんか?
僕もちょっとラベルをつけたいと思って困ってしまいました。
今更ラベルプリンターを買うのもなと思っていたところに、ふっと思い出したのが「ダイモ」です。まだあるのかなとAmazonで検索したらありました。
しかもラベルプリンター系が5,000円はする中、1,335円(執筆時)と納得価格。早速、手に入れたので紹介します。


なんともポップなパッケージです。
以前、記号やハートがあったかどうかは覚えてませんが、顔文字のサンプルもパッケージを飾っています。
我が家にあったのはトリガータイプと言うか、握ってタイプする形でしたが、モダンなスタイルになりました。

本体の裏カバーを開いて、テープをセットします。
テープ幅は9mmです。
3mのものが一巻同梱されています。黒か青のどちらかで指定できないとされています。僕のは黒でした。もちろん、テープは別売されています。

半ノックでテープが前に送られます。
打ちたい文字にダイヤルを合わせて、全ノックすると文字が打たれます。

最後はハサミマークでカット。

使い方、思い出しましたか?懐かしいですね。
最新のテープライターであれば、また使い方を覚えなければなりませんが、ダイモなら我々の年代は、間違いなく使えます。って、誰でも使えますねw

先日のジャスミンティーのリーフを入れたポッドに貼りました。
いい感じです。

何かとネームラベルを貼りたくなる時がありますが、手に入れやすい値段でレトロ新しい感じのダイモ、一つ持っていると便利だと思います。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました