蒲田の「ぐりるスズコウ」で生姜焼きを食べる。まいう〜遺産巡り

スポンサーリンク
FOOD
この記事は約3分で読めます。
Pocket

東京都23区内JRの駅の中で、蒲田は胡散臭い街の方に属すると思います。
私が目蒲線(今は多摩川線?)の矢口渡に住んでいた頃、東急プラザなどがある西口と比較して、JR蒲田東口と京急蒲田の間は、さらに胡散臭いエリアでした。
今は、高層オフィスビルも建ち、少し雰囲気も変わったようです。

東口の階段を降り、ロータリーの信号を渡りちょっと右に行き、やや広めの道を右に折れた所に、まいう〜遺産「ぐりるスズコウ」はあります。
立ち蕎麦やラーメン店などが並び、やや昔の雰囲気を感じさせます。
そんな中に、店名以上に大きく「昔ながらの洋食屋」と言う看板は、期待を膨らませます。

豚肉のメニューとして代表格は、とんかつか生姜焼きかと思います。
そして、とんかつは厚切りの1枚タイプで、生姜焼きは薄切りを複数枚と言うのが基本形かと思います。
今回ご紹介する「ぐりるスズコウ」は、生姜焼きとしては珍しい、厚切り1枚タイプです。

店に入ると中は「ぐりる」や「キッチン」が付く屋号が似合う、伝統的洋食屋さんでした。
マスターは元力士さんらしいのですが、確かにそれらしい体つきで、「ぐりる」の厨房がよく似合います。
メニューを見ると、生姜焼き170g ・特大生姜焼き250gとありましたので、迷わず特大を注文です。
同行者もいましたので、もう一品はクリームカニコロッケにして、シェアすることにしました。

まずはカニクリームコロッケです。
サラダとトマトにポテトサラダ・タルタルソースとともに、カニクリームコロッケが二つ鎮座しています。

いい感じの揚げ具合で、ポテトコロッケとは違う、風格さえ感じます。

中はとってもクリーミーで、これぞカニクリームコロッケという味です。

そして、本日の主役、生姜焼きの登場です。
ポテトフライとほうれん草のソテー・ニンジンのグラッセが付け合わせです。

このおろし生姜の量がすごいですね。
ポークソテーを焼き、最後におろし生姜とタレで仕上げている感じでした。

この肉が、驚くほど柔らかいんです。生姜とタレが絡んで生まれる味のハーモニーが、口の中で踊ります。

口に運ぶ前にライスにワンバウンドさせ、この味のついたご飯を食べるのが、美味しすぎます。

味噌汁は、やや具材は少なめの豚汁、これが嬉しいです。

石ちゃんのまいう〜遺産認定もしっかり飾られています。

「ぐりるスズコウ」、ソテータイプの生姜焼きにカニクリームコロッケ、日本人が作り上げた洋食を堪能させていただきました。

グリルスズコウ
ジャンル:洋食屋
アクセス:東急多摩川線蒲田駅東口 徒歩1分
住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5-16-8(地図
周辺のお店のネット予約:
天ぷら 穴子蒲焼 助六 青物横丁店のコース一覧
だら毛のコース一覧
ピッツェリア ダ グランツァ 洗足池店(2号店)のコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 蒲田×洋食屋
情報掲載日:2021年2月7日

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました