いつ迄も冷たいけどいつ迄も温かいヤツ。そんなHydro Flaskと付き合ってみる。 愛用品紹介部

スポンサーリンク
LIFE
この記事は約3分で読めます。
Pocket

コーヒーはいつ迄も温かく、または冷たく飲みたいものです。
その他の飲み物でも思いは同じです。
その思いを達する為に、タンブラーを色々と試しました。

コーヒーショップで売っている一般的なプラスチックのタンブラーは保温効果が薄く、真空のアルミ製のポットへと移行しました。
保温効果は良いのですが、ポットは入れ口が細く、夏場は氷を入れ難くかったりします。
更に、プラスチックのタンブラーと比較すると、シンプルなんですが味気ない感じですね。
そんな中で、ハワイで人気のタンブラーと言う紹介と共に、そのカラフルな色とキャップの取手が目にとまりました。
それがHydro Flask(ハイドロフリスク)です。

Hydro Flaskはハワイで人気ですが、会社はオレゴン州で2009年にスタートアップされました。
そのミッションは「 save the world from lukewarm」
世界を生温さから救うと言うことですね。
そして、Temperature・Taste・Transportの3つのT、保温力と飲み心地・持ちやすさの組み合わせで単なるウォーターボトル以上の価値があり、想像以上のリフレッシュを届けてくれると言うことです。
Temperature、その保温力は二重壁真空断熱技術により、冷たい飲み物は最大24時間、温かい飲み物は最大6時間湯気が出る状態を保つということです。

Taste、飲み心地は強度と純度が広く認められている18/8プログレードステンレス鋼を採用することにより味移りを防ぐ機能もあるため、違う飲み物を入れても味わいを損ねることは無いそうです。
Transport、持ちやすさはパウダーコーティングで滑りにくいグリップと最高の耐久性を実現。さらに、取っ手のついたHydro Flask Flex Capは理想的な強度と柔軟性を併せ持った全く新しいスタイルのキャップで可搬性を高めています。

とHydro Flaskのホームページでは説明してくれています。

単に性能の良いタンブラーを作ったのではなく、想像以上のリフレッシュを届けようとしたらこういう商品になりましたと言う、米企業らしいアプローチと、その色合いと可愛いロゴのデザイン、そして広口瓶に惹かれて、アマゾンで購入しました。

結果はとても気に入っています。
保温性は、さすがにうたい文句のようにはなりませんが、朝買ったコンビニコーヒーの氷が3時のおかわりの時にはまだ残っています。
暖かい方は、お昼まではイケてます。
サーモスのタンブラーと比較して、優るとも劣らぬと言うところでしょうか。
味移りは感じないですね。
コーヒーを飲んだボトルを会社ですすぐだけで、お茶やお水を入れても大丈夫です。
そして、持ちやすさはパウダーコーティングのグリップ感がいいですね。
更にこのカラフルなタンブラーを取っ手を持って歩くと言うところが、新しいスタイルでいいですね。

そしてこのキャップですが、様々なタイプが用意されています。
プラスチックのタンブラーによくあるタイプの、パチンと飲み口を閉じるタイプもあります。
僕はこれも同時に買いました。
今いまは、二つのキャップを持ち歩いているわけです。

スポーツ時に良い吸うタイプの飲み口がついたものもあります。
用途に合わせてボトルを変身させることができると言うのも特徴で、とても使いやすいと思います。

一番迷うのが色です。
12色の中からあれこれ迷った挙句、アマゾンが一番最初に表示した「マンゴー」にしました。
デスクに置いてあると、ちょっと和む色合いです。

しばらくHydro Flaskをお供させて使ってみようと思います。

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました