日本対セネガル 日本の立ち位置を理解し応援する

スポンサーリンク
LIFE
この記事は約3分で読めます。
Pocket


今夜はワールドカップロシア大会、日本の第二戦となるセネガル戦が日本時間24時にキックオフです。
いくつかの番狂わせが起きている今大会の序盤ですが、最大の番狂わせは、我らが日本代表がコロンビアを破ったことではないでしょうか?
果たしてその勢いで、セネガルに勝つことができるでしょうか?


本大会の日本の立ち位置

FIFAランキングで見て、ロシアがエジプトを破ったのが25位差、日本とコロンビアは45位差です。
メキシコがドイツを、クロアチアがアルゼンチンを破ったのも番狂せかもしれませんが、順位差は14位と15位ですから、あるかもしれない差なのかもしれません。
そして、日本とセネガルの差は34位、当てにならないと言われるFIFAランキングですが、この差がある事は頭に入れておく必要があると思います。

そもそも、日本の抽選群は第4ポッドで、FIFAランキングの地元ロシアを除く下から8カ国で構成されてます。
つまり、4カ国中の第4シード、シードと言えるかどうかですが、単純に組み合わせから言えば3連敗が普通なのです。
運良く開催国の組みに入れば、ロシアは日本より下の順位ですが、その役はサウジアラビアがやって、開幕戦で大敗した事は記憶に残っていると思います。
コロンビア戦は、開始早々に相手が一人少ない10人なり、しかもPKで1点リードできたから、勝利を導き出せましたし、コロンビアのコンディションも明らかに悪かったと思います。
マスコミ報道のように「初戦に勝ったから次も行けるぞ」と言うほど、甘くはないと思う方が自然です。

それでも応援するポイントは?

ただ、その状況は理解しつつも、勝って欲しいと思うのも日本人として当然です。もちろん、僕もそう思っています。
コロンビアと比較して、セネガルが明らかに上なのはコンディションです。
それだけに、小さなミスが命取りになります。コロンビア戦の前半は、ディフェンスラインが揃わずに、アーリークロスから抜け出されてシュートされたシーンがありました。
後半は修正されたと思いますが、一つの乱れで今度はやられると思います。
また、後半、長谷部が無理して繋ごうとして、ボールを舐めてバックパスしたシーンも迂闊でした。
セーフティーの徹底が必要です。
そして、ビッグチャンスの数は少ないと思います。
その時は、一撃必殺の気持ちでシュートを決めなくてはなりません。
コロンビア戦の最初の大迫の一対一は、GKに防がれその後結果オーライでしたが、やはりきちんと決めなくてはいけないシーンだったと思います。
あとは、少し遠目からでも積極的に狙って欲しいですね。当たって入っても一点は一点です。

厳しい戦いではありますが、3戦目のポーランド戦、ポーランドに決勝トーナメント進出のチャンスが残っていたらなかなか勝ち目はでないでしょう。
そう言う意味では、次のラウンドに進むには、この試合の勝利は不可欠です。

厳しい厳しいと現実的な事を書きましたが、初出場から1大会おきにベスト16になってると言う意味では、今回はその順番の大会です。
また、日本が予選リーグで敗退する時に必ずいるクロアチアも、今回は別のグループです。
全然、戦力と関係ないところでは、行ける可能性もあると言うところを拠り所に、今回も再び、胸を張れる闘い方をしてくれるかに注目して応援したいと思います。

それにしても、一人少なくても最後は勝ち越す、ドイツはやっぱりドイツですね!

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました